トップイメージ
トップイメージ トップイメージ

INFORMATION

当院からのお知らせ

no-img

犬の美容室 Lastee(ラスティー)

こんにちは🌟 本日はやや肌寒気温となっておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 最近は「こたつに潜るのが好きなんです」という わんちゃんの飼い主様に多く出会います🐶✨ 明日から3月ですが、暖かくなると花粉などのアレルギーも出やすい季節となります。 ご体調の変化等ある際はご相談ください。 今日は、なかやま犬猫病院プロデュースの犬の美容室 Lastee(ラスティー) のご紹介です🐩💓 2024年12月から水前寺にてグランドオープン! 早いもので3ヶ月が経とうとしております😊 トリミングをご希望の際はお電話またはなかやま犬猫病院の公式ライン にて受け付けております! 住所:熊本市中央区水前寺2-19-30 電話番号:096-381-3850 下記、料金表など載せておりますので、ご確認ください🌟
no-img

価格改定のお知らせ

こんにちは 暖かい日もでてきており、本日は20度を超えるようです🌞 寒暖差にご体調を崩されるペットたちも増えていますが、いかがお過ごしでしょうか? 本年度もより良いサービス、医療提供を行ってまいりますので、 今後ともどうぞよろしくお願いいたします! 3月より価格の改定がございますので、以下のご確認をお願いいたします。

猫の寒さ対策😖🍃

寒さがつらい冬・・ 飼い主さんと同じように猫も体調を崩しがちです! 冬にこんな症状が見られたら注意かも⚠️ ①お腹を下している ②食欲が無くなっている ③震えることが多い ④暖房器具にずっとくっついている 寒くて活動時期が落ちると飲水量やトイレの回数が減って 尿路疾患(にょうろしっかん)にかかる猫ちゃんが増えます😭 部屋の室温意外にもトイレの様子なども良く観察するようにして下さい!
no-img

ペットシッターのご提案

本日は、ペットホテルをご利用予定のわんちゃん宅に ワクチン接種の往診へ伺いました。 ラブラドールレトリーバーの12歳 糖尿病の持病持ちで、腹水もありそうです。 最近、後肢の力が弱まってきているとのこと。 車に乗せる事も中々大変のようでした。 なかやま犬猫病院では、ホテルの利用を 断られるようなわんちゃん・猫ちゃんのご自宅へ 動物看護師がペットシッターとして伺うことができます。 (訪問介護・看護 シッター ココサラとの連携) 本日もご提案をさせていただきました!! こんなお悩みはありませんか? 持病や高齢、ホテルで過ごすことが苦手・・など様々な理由があるけれど、 どうしても預ける必要が出来てしまった。 そのような場合には、 ペットシッターの選択 というのもぜひ取り入れてみて下さい🌟 もちろん、元気いっぱいだけれど 自宅が安心というわんちゃん猫ちゃんも大歓迎です💓
no-img

はじめまして

熊本でペットの訪問介護・看護 シッターを行っています。 愛玩動物看護師の藤本翔子と申します! 中山先生と連携して、様々な理由で病院へ通うことが難しい飼い主様の ご自宅へ訪問致します🏠 ペットのお世話や健康などでお悩みや困り事がある方は お気軽にご相談下さい🌟 毎週木曜日10:00~15:00は、 水前寺でペットケアステーションをOPEN しております。 〇訪問医療・往診 〇訪問介護・看護 シッター 〇訪問グルーミング・トリミング のご予約、ご相談を承っております🐶😸 水前寺2丁目19-30-1階にて お待ちしております! ※駐車場は目の前に1台ございます🚙
no-img

新年の診察のご案内

皆様、お正月はいかがお過ごしでしょうか🎍 昨年は大変お世話になりました😊 なかやま犬猫病院は、本日から診察スタートしており、4日-7日まで年末年始料金で診察しております。 ※明日3日は休診日です。 今年も皆様のお役に立てれば幸いです。わんちゃんねこちゃん、ご家族様の健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い致します。
no-img

訪問動物看護・介護との連携に向けて

寒さが強くなってきましたね⛄ 往診車🚙も温まるまでに時間がかかり、車載機器🔬の調子もみながら~になる季節です❄ 現在、なかやま犬猫病院では、『訪問動物看護士』さんと連携を図り、往診・訪問看護・介護を組み合わせた緩和ケアや看取りケアを提供できるよう目指しております。 なぜそれを始めようと思っているか、、、 1年間往診を行ってきて、獣医師として往診をする以外に、『訪問看護・介護』の必要性を感じました。 獣医師が診察する以外に、強制給餌や皮下点滴、褥瘡のケア、傷口のケアなど、高頻度で訪問してケアをしなければいけない症例の子も多々います。調子が悪い犬猫を置いて出かける暇もない、、、などの際も、看護師としてペットシッターとして様子を見ておくこともできます。 しかし、高頻度になると、『獣医師としての往診』は1回あたりの費用もかかり、飼い主さんの経済的負担がかかることも。もちろん『訪問看護・介護』の領域も保険が使用できず、費用の負担はかかります。が、「高頻度に往診を頼みたいけれど、経済的に少しでも負担を減らしたい、、、」という方には積極的に勧めていきたいと思っています。連携しておりますので、少しの体調の変化も、看護師⇔獣医師間で引き継ぎを行い、柔軟に訪問パターンを変更することも可能です。 来年は、地域の皆様により良い医療・サービスを提供できるよう努めてまいります。 すでに年内の挨拶のようになっておりますが、 もう一つ!!お知らせがあります📯 それはまた次回~✋ もしかしたら、これが年内最後のブログですっ☆ 年末年始診療時間は別のブログ・もしくはお電話やLINEでお問い合わせください☺ 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
no-img

犬って寒さに強いの?👀

結論 人間よりも犬の方が寒さに耐性があります! 小型犬の体温→38.6~39.2度 大型犬の体温→37.5〜38.5度 人間の平熱は36.6~37.2度 ほどなので犬は体温が高い分 人よりは、寒さに強いんです😊 しかしいくら強いといっても どんな犬でも寒さに耐性があるわけではありません! 犬種や年齢によって寒さに強い、弱いは変わってきます😖🍃 「犬は寒さに強いらしいから大丈夫!」 と安心するのは危険です⚠️⚠️⚠️ 自分の愛犬は寒さに強いのか?弱いのか? きちんと知っておくのが飼い主様の務めです💪 寒さに強い犬種と寒さに弱い犬種の 代表的な犬種をご紹介します✨ ご自身の愛犬はどっちでしたか? ちなみに スタッフの飼っている 豆柴とチワワは豆柴が寒さに弱く チワワは寒さに強いみたいです🤣 チワワより豆柴の方がお腹も弱いですし、体調もすぐ崩します🥲🥲 ですから、ネットに記載されている事だけを鵜呑みにするのではなく、「犬種」で見るのも大切ですが「その子自身」を見てあげてください😊 年末年始、往診のご予約埋まってきております。 お早めにご予約をお願い致します😊
no-img

🐱年末年始の診察日のお知らせ🐶

残り少ない今年と、来年もよろしくお願い致します!!
no-img

よくあるご質問✨

今回は、皆様からよく聞かれるご質問をご紹介致します! 少しでもお役に立てたら幸いです🙇‍♀️

ハートアイコンカテゴリ

ハートアイコン過去の記事